為末大

為末大

1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2022年6月現在)。現在は執筆活動、会社経営を行う。Deportare Partners代表。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。Youtube為末大学(Tamesue Academy)を運営。国連ユニタール親善大使。主な著作に『限界の正体』『Winning Alone』『走る哲学』『諦める力』など。

VOOX ORIGINALS

自立心とは何か

同調圧力が強く、また「皆と同じ」が尊ばれる日本では、他者と一緒であることを重視するあまり、社会全体で沈んでいく状態を生み出しかねない。このような中で改めて求められるのが、一人ひとりの自立心である。為末さんは自立心を「自らの頭で考え自らの身を守り、自らの意志と力で人生を切り拓く力」と定義する。つまり、自分の頭で考え、他者に頼らなくても自分を守る力である。このような自立心があるとは、どういう状態か?また自立心はどのようにすれば育つのか?これらを為末さんに語っていただく。

早速VOOXを聴いてみよう!

VOOX Apple App StoreDownload VOOX on Google Play