宇野カオリ

宇野カオリ

ポジティブ心理学者。ポジティブ心理学の本場、米ペンシルベニア大学で修学し、本邦で教育普及に携わる唯一の日本人。日本ポジティブ心理学協会代表理事、筑波大学研究員、同志社大学ウェルビーイング研究センタープロジェクトディレクター。国内の大学等で毎年2千人以上の学生にポジティブ心理学を指導する。『ポジティブ心理学入門』『ポジティブ心理学の挑戦』など、ポジティブ心理学の主要著書の翻訳書多数。

VOOX ORIGINALS

ポジティブ心理学~ ウェルビーイングの科学

「生きるに値する、よい(良い・善い)人生とは何か?」という人間存在の根源的なテーマについて、正面から研究している学問分野または学派があることをご存じだろうか。1998年に米ペンシルベニア大学教授のマーティン・セリグマンによって創始されたポジティブ心理学では、私たちの日常感覚の延長で、単純明快な形で捉えられがちな「幸福」というものを超えた、より多角的・多層的な視点から科学的に考察される「ウェルビーイング」という構成概念に着目する。今日、ウェルビーイングに関する科学的研究の総称として最もよく知られているのがポジティブ心理学であり、私たちが高度なウェルビーイングを実現するための基盤となる、新たな文化モデルとしての「持続的幸福(宇野氏による造語訳で、原語はflourish)」を促進するためのアプローチについて、日進月歩で研究や応用実践が行われているという。今回は、ポジティブ心理学とは何か、ウェルビーイングを向上させるには、といったテーマについて、ポジティブ心理学者の宇野カオリ氏にお話頂く。

早速VOOXを聴いてみよう!

VOOX Apple App StoreDownload VOOX on Google Play