保科眞智子

保科眞智子

1972年生まれ。茶道裏千家教授。江戸時代の大名であり、徳川家康の孫、保科正之の末裔にあたる。バイリンガルを生かし「茶の湯ナビゲーター」。小伊万里再生プロジェクト代表理事としても活動。著書に『英語 DE茶の湯』『sa it is 暮らしにお茶を。』などがある。

VOOX ORIGINALS

「茶道の心」

日本の伝統文化である茶道は、格式が高いイメージが先行し、親しみやすいものとは言いがたい。しかし、利休百首でも出てくるように、「茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて 飲むばかりなることと知るべし」と本来は極めてシンプルなもの。本コンテンツでは、茶道家の保科真智子さんが、お茶の世界に根ざす精神を解説し、お稽古事としてのお茶ではなく、日常に茶の湯の心を取り入れることで見えてくるもの、変わるものを伝える。

早速VOOXを聴いてみよう!

VOOX Apple App StoreDownload VOOX on Google Play