吉森 保

吉森 保

大阪大学大学院教授。大阪大学理学部生物学科卒業後、同大学医学研究科中退、私大助手、ドイツ留学ののち、1996年オートファジー研究のパイオニア大隅良典先生(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)の国立基礎生物学研究所におけるラボ立ち上げに助教授として参加。国立遺伝学研究所教授、大阪大学微生物病研究所教授を経て、現在は大阪大学大学院生命機能研究科教授、医学系研究科教授。 2018年〜生命機能研究科長。大阪大学栄誉教授、文部科学大臣表彰科学技術賞、上原賞、持田記念学術賞、Clarivate Analytics社 Highly Cited Researchers(5回選出)、紫綬褒章などを受賞。

VOOX ORIGINALS

病気と老化―細胞の働きから学ぶ

新型コロナウィルスもそうだが、人間は普段は健康なのに、何かの拍子に病気になる。そもそも人間が意識しなくても健康が保たれているのも不思議である。生命体である人間の体の中では、どのような動きが行われているのか。生命の最も基本的な単位である細胞について知ることが、健康や病気、そして老化や死を知ることにつながるのではないか。このコースでは、細胞生物学をご専門とし、細胞を守る仕組みであるオートファジー研究の第一人者である吉森保氏に、人の健康や老化のメカニズムとしての細胞の働きについて語っていただく。併せて、今後注目されるオートファジーの可能性についてもお話しいただく。

早速VOOXを聴いてみよう!

VOOX Apple App StoreDownload VOOX on Google Play